何者でもない私がブログを書く理由。1年続いた理由と得られたもの

何者でもない私がブログを書く理由。1年続いた理由と得られたものブログ
スポンサーリンク

先月、この「きづくらし」というブログを開設してから1年が経ちました。

あおい
あおい

読んでくださる方々、いつも本当にありがとうございます!

そこで今回は、特にスキルもなく何者でもない私が、それでもブログを書き続けている理由をまとめてみました。


結論からお伝えすると、

ブログには、書く人の数だけ学びがあり、あなたの発信する情報を必要としてくれる人がどこかに必ずいます。

なので自分は平凡だから…と不安になる必要はないと思います。

・ブログを始めたいけど迷っている
・ブログ運営しているけど意味があるのか不安


そんな方の参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

私がブログを書く理由

私がブログを書く理由

何者でもない私がブログを書いている理由は3つあります。

【私がブログを書く理由】

①アウトプットの場として
②収益化させるため
③誰かの役に立つため

早速ひとつずつ解説します

アウトプットの場として


私がブログを書いている理由のひとつめが、経験したことや学んだことをアウトプットする場として使うためです。

私は普段から結構気になることやわからないことをすぐに調べてしまうのですが、そのあと調べっぱなしにして忘れてしまうことが多くありました。

せっかくビザ申請やワーホリでのフランス生活など貴重な経験をたくさんしているので、きちんと自分の言葉でまとめておきたいなぁと思ったのです。

記録を残すだけなら日記でもいいのでは?とも思いました。


でも自分もそうであったように、もしかしたら自分の経験が誰かの役に立つこともあるかもしれないと思い、ブログとして公開する形を選びました。

収益化させるため


ブログを書く理由の一つとして、収益化させることがあるのも事実です。

もし今の生活に毎月数万円でも収入が増えたら、精神的にも金銭的にも少し余裕が生まれると思いませんか?

私の場合、大学生のときに借りていた奨学金の返済が毎月あるので、その分だけでもブログから稼ぐことが出来れば…と思っています

誰かの役に立つため


ありきたりだなぁと思われてしまうかもしれませんが、ブログを書いている以上やっぱり「誰かの役に立ちたい」という気持ちはあります。


ブログのいいところは、個人目線でのいろいろな経験や感想、情報を得られることです。


私は、ブログを書く人の数だけストーリーや学びがあると思っています。


例えばワーホリについて書かれたブログでも、

・語学学習に力を入れる人
・現地での仕事に力を入れる人
・国際恋愛を理由にワーホリする人

などでは、同じワーホリをテーマに書いても内容や情報が変わってきますよね。


たとえ「自分には取り柄がない」と感じている人でも、あなたの情報を必要としている人がどこかに必ずいると思うんです。

自分にだから書けることを書き続ける。そうすれば自分に共感してくれる人が現れてくれるはず

そういった人たちに届くよう発信を続けるのがブログを書く理由になります。

どうしてブログだったのか

どうしてブログだったのか


発信する方法はツイッターやYoutubeなど様々あるかと思いますが、どうしてブログを選んだのかというと、オーストラリアに住んでいるふくちゃんさん (@fukuchan5818) の影響を受けたからです。

私がブログを始めたのはワーホリでフランスに滞在中のことでした。

3ヶ月の語学学校での勉強を終え、いざ仕事探しをするも全然見つからず…


貯金を切り崩してばかりの生活にストレスを感じ始めたころ、自分も何か家で出来ることはないかなと探していたときに見つけたのがふくちゃんさんのブログでした。


ふくちゃんさんはパートナーのタムタムさんとオーストラリアに住んでいて、ブログを書いて生活しています。


「海外で、自宅にいながら生活費を稼ぐ」というのは、当時フランスで仕事が見つからず辛かった私の理想そのものだったんですよね。

「これなら現地の情勢(仕事を見つけるのが難しいとか)に振り回されることなくやっていけそう」と思ったんです


海外での在宅ワークならクラウドソーシングを使ったライティングもあったのですが、ブログの方が自由度が高かったので私はブログを選びました。

・オーストラリア生活、観光
・ブログ運営やノウハウについて
・オピニオンなどを発信中

私がブログを始めるきっかけをくれたふくちゃんさんのブログはこちらです!
マフィントップと唐辛子

ふくちゃんさんのツイッターはこちら
ふくちゃん@シドニー引きこもり

ブログを書いて得られたもの

ブログを書いて得られたもの


ここからは、特になにもスキルのない一般人の私がブログを1年書き続けて得られたものをご紹介します。

人との繋がり


ブログを書き始めたことで、嬉しいことに私のブログを読んでくれる人が出てきました。

やっぱりブログを書く以上は誰かに読んでほしいという気持ちがありますからね


特にツイッターを始めてからは直接記事の感想をいただけたり「参考になった」という声をいただくことが増えました。

そして、これが何より嬉しいんです。

収益が出たときももちろんですが、 何者でもない自分でも誰かの役に立つことができた。そしてそれが直接伝わる。

という経験は、収益以上に嬉しいし、貴重なことだと思っています。


もしブログを書いていなかったら、当然読んでくれる人もいませんでした。


自信がなくても書き続けることで人には届くし、役に立つこともできる

ブログは、書き続けていたら必ず誰かに届きます。



それを実感できたのがブログを1年間書き続けて得られたもののひとつです。

何者でもない自分にも自信が持てた


自分なりにブログを書き続け、人からも嬉しい言葉をいただけるようになると、少しずつ自分にも自信が持てるようになってきます。


ブログについて「参考にします!」とか「参考になりました!」と言われると誰かの役に立てた気がします。


そしてこれが「自分でも何かできた」という喜びに繋がるのです。

ブログで発信していきたいこと

ブログで発信していきたいこと


ここまで、何者でもない私がブログを書き続ける理由と、実際に1年以上ブログを書き続けて得られたものをご紹介してきました。

最後に、これからどうしていきたいか、どんな風になりたいかということをお伝えしたいと思います

もともとは、

・収益化させたい
・アウトプットの場にしたい
・誰かの役に立ちたい

という思いで始めたこのブログですが、

1年以上継続してきて新しく、

「何者でもなくても自分の生き方が好きになる」という過程を発信したい

という思いが出てきました。


その背景には、自分自身がワーホリや国際結婚という国際経験を通して「自分の力で生きていけるようになりたい」と思ったことがあります。

海外でもちゃんと生活していける力を身につけたかったんです


とりわけ特技やスキルがあるわけではないけど、ブログやライティングを通して自分に自信を持てるようになる。


その過程で得た気づきや学びを残しておく場にしたいなぁと思っています。


関連記事≫国際結婚を経て海外移住。仕事に関する不安を正直に語ってみた

何者でもない私がブログを書く理由:まとめ

何者でもない私がブログを書く理由:まとめ


ここまでお読みいただきありがとうございます!

特にスキルや専門知識のない私が、それでもブログを書く理由、書き続けて得られたものをまとめてみました。


この記事で一番お伝えしたかったのは、

ブログは書く人の数だけ学びやストーリーがあり、あなたが発信する情報を必要とする人が必ずいる

ということです。なので、

今自分がブログを書いていることに意味があるのか不安
これからブログを始めてみたいけど悩んでいる

という方は、ぜひブログを書いてみてほしいと思います。

あおい
あおい

最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログ
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました