フランスでの肌トラブルを解決するスキンケア「〇〇しない」だけ!

フランス生活
スポンサーリンク

こんにちは、あおいです!

フランスに来てから、日本にいたときと同じようにスキンケアしているのに肌の調子が悪い、と悩んでいる人はいませんか?

フランスで、日本にいたときと同じスキンケアをしていると、どんなに使い慣れたお気に入りのスキンケアグッズを使っていてもかえって肌トラブルの原因となってしまうことをご存知でしょうか?

今回は、フランスで肌トラブルにあってしまったときに取り入れたいフランス式スキンケア方法をご紹介します!

実際に肌トラブルにあい、それを解決した私のフランスでのスキンケア方法についても書いているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください ^^

 

スポンサーリンク

肌トラブルの原因は水質の違いにあった!

フランスに来て肌の調子が悪くなった原因、それは日本とフランスで水質が違うこと。
日本の水は軟水、フランスの水は硬水だからです。

硬水とは、カルシウムやマグネシウムを多く含む水のこと。

フランスで鍋や電気ケトルでお湯を沸かしたときに、中が白くなってしまったことはありませんか?
これは、水に多くのカルシウムやマグネシウムが含まれているせいです。

このミネラル分が肌にはあまりいい影響を与えないのです。

 

例えば、水道水で洗顔をすると、水に含まれてるミネラル分が顔の表面に残りその結果

肌がなんとなくザラザラしてしまう・・・
顔の表面がミネラル分でブロックされ、肌の内側に老廃物が溜まってしまう・・・

というようなことになってしまいます。

せっかくキレイにするための洗顔をしているはずなのに、結果として鍋などで見るあの白いミネラル分が顔に残ってしまっていると考えると、ゾッとしますよね・・・。(笑)

洗顔しない?!フランス式スキンケア方法


フランスの水はミネラル分を多く含んだ硬水である

硬水はあまり肌に良くない

これらの理由から、フランスの人はできるだけ水道水で洗顔することを控えます。

そして、洗顔の代わりに大活躍するのが拭き取り化粧水なのです!

それでは実際にフランスの人はどのようなスキンケアをしているのか見てみましょう。

フランス人の朝のスキンケア

ステップ1:拭き取り化粧水で汚れを拭き取る
ステップ2:化粧水を使う
ステップ3:日中用のクリームを塗る

日本人にとっては朝洗顔をしないことがちょっとびっくりしてしまいそうですよね。

朝洗顔をする代わりに、フランスの人は拭き取り化粧水で汚れを拭き取ります。人によっては蒸しタオルを使う場合もあるみたいです。

 

フランスの人と比べると、日本人は顔を洗いすぎなのです。

ただでさえ日本より乾燥していて水も硬質であるフランスでは、顔を洗いすぎると肌の乾燥やその他トラブルのもとになりかねないので気を付けましょう。

フランス人の夜のスキンケア

それでは夜はどんなスキンケアをしているのかというと、

ステップ1:拭き取りのクレンジングを使ってメイク落とし
ステップ2:化粧水を使う
ステップ3:夜用の保湿クリームなどを塗る

思わず「え、これだけ?」と声が出てしまいそうになりますよね。(笑)
徹底的に水道水を使った洗顔を避けているのがわかります。

日本人の感覚からすると、メイクを拭き取りタイプのクレンジングで落とした後に洗顔をしないことに違和感を感じてしまうかもしれません。
拭き取りだけできちんときれいになっているのか不安になりますよね。

ここで感じた日本とフランスとの違いは、メイクの仕方です。

日本ではベースからアイメイクまでしっかりとメイクをする人が多い印象ですが、フランスではフルメイクをしている人をあまり見かけません。

個人的には、眉とマスカラ、リップぐらいしかしていないのでは?という印象です。

もともとがっつりとメイクをしていなければ、クレンジングも拭き取りだけで大丈夫そうですよね。

私のフランスでのスキンケア方法

私もフランスに来た当初は、肌トラブルに悩まされた一人でした。

そこでフランスの人は一体どうやってスキンケアをしているのか実際に調べ、自分なりに解釈・アレンジして定着したスキンケア方法がこちらです!

朝は、
ステップ1:拭き取り化粧水で汚れを拭き取る
ステップ2:化粧水をつける
ステップ3:日中用のクリームを塗る

こちらは先ほどご紹介したフランスの人の朝のスキンケアと同じです。

夜は、
ステップ1:シャワーの前に、拭き取りクレンジングでメイクを落とす
ステップ2:シャワーで顔を洗う
ステップ3:洗顔後、もう一度拭き取り化粧水を使う
(ここで水道水によるミネラル分を拭き落としているつもりです(笑))
ステップ4:アルガンオイルを使う(導入液・保湿用として)
ステップ5:化粧水を使う
ステップ6:保湿クリームを塗る

夜の方はステップも多いですが、洗顔をするのは1日1回夜だけです!なるべく水道水を使って洗顔しないようにしました。

 

このスキンケア方法に変えてから、肌の乾燥はもちろん、ざらつきや小鼻の黒い毛穴までなくなりました!

個人的に工夫したポイントは、

朝の洗顔 → 拭き取り化粧水に変更 (なるべく水道水で洗わない)
夜の洗顔後に改めて拭き取り化粧水を使う (洗顔後の肌のミネラル分を拭きとる)

この2点です。

生活をする環境が変われば、そこのやり方に従った方がいいのではないか、というのが感想です。

今では特に肌トラブルなく過ごすことができ、朝は洗顔をしないことからちょっとした時短にもなって一石二鳥です♪

まとめ:「あまり洗顔をしない」フランス式スキンケア

以上が、フランスで肌トラブルで悩んでいるときに試したいスキンケア方法でした!

洗顔をしないということにはじめは違和感を感じてしまうかもしれませんが、数日我慢して続けてみるとその結果に驚くかもしれません。

実際に現地のフランス人がしているスキンケア方法を取り入れてみることで、あなたのフランスライフがより「現地っぽい」ものになると考えるのも楽しいですよね ^^♪

私の実際に使っているスキンケア用品に関しては、また別の記事で紹介予定です。

この記事がフランスで肌トラブルに悩む方の手助けに少しでもなっていたら幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました