【在住者が厳選】フランスで買える美味しいお菓子10選

【在住者が厳選】フランスで買える美味しいお菓子10選フランス生活
スポンサーリンク



フランス在住の私がおすすめする、フランスで買えるお菓子10選をご紹介します!

主観的ではありますが、どれも何回かリピートしているものばかりです

  • 自分用として
  • ちょっとコアな?フランス土産として


フランスで買えるお菓子に興味がある方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

1. milkaのチョコパイ



最初に紹介するのはmilka(ミルカ)のチョコパイです。

milkaはドイツ生まれのチョコレートブランドですが、フランスのスーパーでも数多く取り扱われています。キャラメルやミルククリームの挟まったチョコレートが人気ですが、私が特におすすめするのはこのチョコパイ。

味はというと、THE・外国のお菓子というように甘さは強めです。コーヒーやお茶のお供に1つ食べるくらいがおすすめ。

あおい
あおい

見た目からも想像できるように、日本で買えるチョコパイに似てるんです!

フランスにあるアジアンスーパーでも日本のお菓子を買うことはできますが、なかなか手に取りにくい価格なのが現実です。

私は一度、たけのこの里を5ユーロ近く(約625円)で買ったことがあります・・・(小声)。


milkaのチョコパイなら値段もお手頃で(2ユーロ=250円くらいかな?)、簡単に手に入るのでおすすめです。

2. Bonne Mamam(ボンヌママン)のレモンタルト



Bonne Mamam(ボンヌママン)の赤白ギンガムチェックは、一度は見たことある方も多いのではないでしょうか?

ボンヌママンというとビンに入ったジャムを想像する方もいるかもしれませんが、実はお菓子のラインナップも結構豊富なんですよ。


私が特に好きなのはレモンタルトです。


バターの風味が豊かなビスケット生地と、爽やかで酸味のあるレモンのコンフィチュールが後引く美味しさです。結構すっぱいのですが意外と食べられちゃいます。

私は、午後少し眠たくなってきた頃にこのレモンタルトとコーヒーで休憩をとり、気持ちをスッキリさせていました

ここでは紹介していませんが、ボンヌママンは他にもマドレーヌチョコチップクッキーなんかもおすすめです♡

3. リンツのチョコレート(クレームブリュレ)



またまたフランスのブランドではないのですが、リンツのチョコレートもフランスで簡単に購入でき、おすすめです。

特におすすめしたいのが、このクレームブリュレのチョコレート

日本でリンツというと、ボール型のチョコレートの印象が強いかもしれませんが、実はこのようなタブレットタイプのチョコレートも味のバリエーションが豊かです。

フランスのスーパーのチョコレート売り場には、どれを選べばいいのか迷ってしまうほどの品ぞろえが!



このクレームブリュレ味は、チョコレートの中にザクザクとしたキャラメルが入っています。食感と味のどちらも楽しめるのが魅力。

リンツのクレームブリュレ味は私の母のお気に入りでもあるので、帰国時は必ず買って帰るほどです。笑

4. Tyrrellsの野菜チップス



しょっぱい系お菓子のおすすめもありますよ~!

私のお気に入りはTyrrellsの野菜チップスです。
今回調べてみてわかったのですが、Tyrrells(ティレル)はイギリスのブランドなんだそう。


にんじん、デーツ、パネの3種類の野菜を使ったオーガニックのチップスです。パネは、似た目はにんじんに似ているのですが、チップスにするとごぼうのような味がします。


これが結構ザクザクしていて、食べ応え抜群!塩味がしっかりついているのですが、よく噛むと野菜の甘みが感じられます。

頻繁には買わないのですが、ときどき無性に食べたくなります

5. St Michelのブラウニー



「がっつりお菓子が食べたい!」ってときに重宝するのがSt Michelのブラウニー。

しっとりとしてズッシリなブラウニーがあれば、午後のおやつタイムが一段と幸せに感じること間違いなしです。


St Michelのブラウニーの特徴は、結構しっとりしていることかと思います。

フォンダンショコラとまではいきませんが、なかの方はチョコレートがズッシリ、しっとりしている印象です。



ちなみに、St Michelのブラウニーにはチョコレート味とホワイトチョコレート味の2種類があるのですが、私はノーマルなチョコレートの方が好きでした。

6. マカロン



フランスのお菓子といえば!マカロンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

あおい
あおい

ラデュレのマカロンなどはフランス土産としても有名ですよね


サクサク&ねっとりという、まったく違った食感が楽しめるマカロンは、お店ごとにさまざまな味があるのも特徴。


ゆず、バラ、ピスタチオ、バニラなどなど・・・

カラフルな見た目と豊富な味のバリエーションは、フランス滞在中にぜひ試してみていただきたいです。


私の好きな食べ方は、マカロンは結構甘いので、毎日1つずつ食べていくこと。小さな楽しみが毎日続く喜びがありますよ♡

7. クロワッサン、パンオショコラ

「お菓子」と呼べるかは謎ですが・・・


フランスのクロワッサンやパンオショコラは本当においしいです!


使っているバターがいいのでしょうか?

チーズなどの乳製品が豊富に生産されているフランスのクロワッサンには、何度食べても感動してしまいます。

あおい
あおい

特に焼き立てはサイコーです♡



外側はサクッと、なかはしっとり、バターの香ばしいかおりが口の中に広がります。


住んでいるアパートのすぐ横にパン屋さんがあるので、朝にクロワッサンやパンオショコラを買って食べることもあります。
フランスに住んでてよかったな~と思える瞬間のひとつです♡

8. カヌレ



実は、カヌレってフランスに来るまで食べたことなかったと思います(驚)。


カヌレは、ワインが有名なボルドー生まれのお菓子。もっちりとした食感と、ほんの少しラム酒の香りがするのが特徴です。

もちもち食感が好きな方にはぜひおすすめしたい!



1個で結構食べ応えがあるのですが、外側のパリッとした感じと内側のもっちり感がクセになり、思わずいくつかペロッと食べてしまいます。笑

ブーランジェリー(パン屋)でクロワッサンなんかと一緒に売っていますよ!

9. パティスリーのケーキ



フランスのパン屋さん(ブーランジェリー)には、パンだけでなく日本のケーキ屋さんにあるような焼き菓子も売られています。

フランス語のパティスリーは日本語でいうケーキ屋にあたるのですが、フランスでは、このパン屋とケーキ屋が一緒になったお店を多々みつけられます。そして、そこで買えるケーキもまたおいしいんです。



フルーツたっぷりのタルトやエクレア、ミルフィーユなど、パン屋はいつも誘惑だらけです。

「ちょっとバゲットだけ買おう」と思って行き、気付いたらしっかりデザートまで購入していることも・・・。笑



街中いたるところにあるパン屋でおいしいケーキが買えるのは嬉しいポイント。ちょっと特別な日のおやつや、夫は喧嘩しちゃったあとに買ってきてくれたりします。

10. 旺旺せんべい



最後に紹介するのは、アジアンスーパーで買える「旺旺せんべい」です。


「え、フランスのお菓子じゃないの?」とガッカリした方もいるかもしれませんが実はこれ、日本で買えるハッピーターンに似ていると海外在住者さんの間で人気なんです。

私は、オーストラリアに住んでいるふくちゃん(@fukuchan5818)さんから教えていただきました!



冒頭でも述べましたが、日本のお菓子ってフランスで買えたとしても結構高価だったりします。

そんなときの救世主が、milkaのチョコパイや旺旺せんべいのような、日本お菓子の代わりになるようなものです!

比較的お得に懐かしい味を楽しめるので、「どうしても!」ってときにお世話になっています。


旺旺せんべいは、100%ハッピーターンかと言われるとそうでもないのですが、あのあまじょっぱい感じは健在です。

あおい
あおい

一度食べ始めるとついつい止まらなくなってしまいます・・・



おそらく大抵のアジアンスーパーでならみつけられると思うので、あまじょっぱいものが食べたくなった方はぜひお試しください♡

最後に



今回は、ふくちゃんさんのブログ記事「【在住者が厳選】オーストラリアの太る食べ物10選【注意喚起】」を参考に、おすすめお菓子フランス版を紹介してみました。

あおい
あおい

私、海外旅行先のスーパーに行くのが大好きなのですが、このような記事を読むと実際にスーパーをちょこっと探検できたような気になりますね



特に、今は気軽に海外旅行にも行けないので、他の海外在住者さんのブログやツイートを拝見して、なんとなく海外気分を味わっています。


フランス在住の方からの「こんなのもおすすめだよ~!」っていう紹介や、他の国にお住まいの方によるブログ記事なども嬉しいです!


もしありましたらツイッターででも教えてくださいね ^^*

タイトルとURLをコピーしました