国際結婚へなかなか踏み出せない方へ【決め手は?覚悟は必要?】

国際恋愛
スポンサーリンク

 

結婚という人生の一大イベント。「失敗したくない」と誰もが思いますよね。

まして相手が外国の人である国際結婚では、その手続きの複雑さや将来の生活が大きく変わることから

「万全の態勢で挑みたい」「失敗してはいけない」と自分で考えすぎて、なかなか一歩踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?

 

あおい
あおい

これ、完全に私です

 

今はフランス人の彼と婚約し国際結婚の手続き中ですが、結婚を決めるまでの私は

「本当にこの人と結婚していいのか?」

「国際結婚をする十分な決め手や覚悟が私にはあるのか?」

と毎日自問自答していました。

 

この記事では、そんな私が国際結婚に踏み切るための決め手になったことや、不安ばかりだった私を変えてくれた考え方について書いています。

 

・彼のことは大切だけどなかなか国際結婚に踏み出せない

・不安のなくスッキリした心で結婚という選択をしたい

という方はぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

国際結婚の決め手は?

 

「彼しかいない」と思ったから

 

いきなり恥ずかしいこと言ってごめんなさい(苦笑)。

でも、私が国際結婚をする決め手になったのは「彼以外の人とは結婚できない」と思ったからなんです。

 

・寝起きのドスッピンでも「キレイだよ」と言ってくれる

・わたしが落ち込んでたら全力で笑わせようとしてくれる

・私が原因で喧嘩をしても最後には「好き」と言ってくれる

・大切に思ってくれていることを様々な方法で伝えてくれる

 

挙げたらキリがないし恥ずかしいのでこれ以上は続けられませんが、彼は「私にはもったいない・・・」と思ってしまうくらい本当に素敵な人です。

 

「この先もし彼と別れてしまうことがあったら、自分は他にいい人を見つけられるだろうか?」

その問いに私は自信をもって「はい」と答えられません。

もう20代後半だし、周りもすでに結婚したり長く付き合ってる人たちがいて、もし私が今彼と別れて別の人を見つけなければいけなくなっても、それはとても難しいと思います。

 

あおい
あおい

こんなワガママでまだまだ心身ともに未熟な私ですが、それも受け止め変わらず愛情をもって接してくれる彼に出会えた私は、もうこれ以上ワガママを言ってはいけないと思うのです。(笑)

 

不安についてはきちんと話し合う

 

国際結婚をするとなると、いろいろな悩みや不安があると思います。私もそうでした。

言葉の壁、どこに住むのか、お金問題、仕事は見つかるのかなどなど・・・

結婚という一大決心だからこそ、悩みや不安は解消しておきたいですよね。

 

私たちは、国際結婚の手続きを始める前にいろいろなトピックについて2人で話し合いをしました。

【例】
・将来はどの国に住むのか・子供の育て方について

・親の介護はどうするか・今後の仕事、将来の夢

トピックに関しては、自分の気になっている・不安なことをお互いにリストアップしていきました。

 

2人で話し合いをすると、自然と相手が大切にしていること、考え方の軸などが分かるようになると思います。

 

あおい
あおい

それに対し共感だったり、自分にはないけど素敵だなと思える点があると、将来に対する不安も少し和らぎます

なにより、国際結婚をすると、その後も様々なことに関して2人での話し合いが必要になります。
結婚を考えているパートナーと、一度将来についてきちんと話をしておくことは国際結婚を考えているカップルにとって欠かせないことだと思います。

背中を押してくれた国際結婚の先輩方

 

一年間ワーホリでフランスに住んでいた間、いろんな人に出会い、いろんなことを学びました。

 

完璧じゃなくていい

 

結婚=人生の一大イベントと捉えすぎて、慎重になりすぎてはいませんか?

 

あおい
あおい

彼との国際結婚を決める前の私がまさにそうでした(苦笑)

 

たしかに、国際結婚を決めるのってすごく勇気がいります。慎重になって当然です。

でも言わせてください。

完璧な結婚なんてないと思うんです。

 

結婚=ゴールではない

 

彼との国際結婚になかなか踏み切れなかった私の背中を押してくれたのは、ワーホリでフランスに住んでいたときに出会った人たちでした。

 

・結婚してからも全然喧嘩するよ!と笑って話してくれる人

・フランスで子育て・仕事しながらも「ここに骨を埋める覚悟なんて出来てないよ」というママさん

そんな話を聞いて私は、「自分は考えすぎだったのかな?」と思うようになりました。
それまでの私は、結婚はお互いが愛し合っていて、なんの不安や迷いもなく、心から望んでするものだと思っていました。
なので、仕事やお金など将来に関して「本当にこの人と結婚して大丈夫だろうか?」と悩んでいた私はなかなか国際結婚をするという決断に踏み出せずにいました。
でも、将来に関する不安って結婚する相手が彼でも彼じゃなくても消えることなく存在するものじゃないかと思うんです。
誰と結婚しても、しなくても同じです。不安や悩みは出てきます。
結婚しても喧嘩はするし、海外でずっと生活する覚悟なんて、10年以上その国に住んでいてもなかなか出来るものじゃないのかもしれません。
結婚はゴールではありません。
結婚したから喧嘩がなくなる。結婚すれば一生安心。
そんなことってないですよね。むしろ、結婚=2人の出発点だと私は思っています。
将来のことはわからない。大変なこともあると思う。
でも、この人と一緒なら乗り越えられる気がする。
あおい
あおい

という2人の結団式という風に捉えても素敵だと思いませんか?

国際結婚に覚悟は必要?

 

いろいろと長く書いてしまったのでまとめます。

 

私は、国際結婚をすると決めた今も、不安がゼロになったわけではないです。
将来どこに住むかも海外での仕事探しも不安なことだらけです。

でも、完璧な結婚はないんだ、ということを学びました。

 

「結婚=100%迷い無し!」のように思っていた私は、なかなか国際結婚をするという決心が出来ませんでした。

ワーホリ中にフランスで出会った人達から「結婚してからも不安はある」「覚悟なんてしてない」という話を聞いて、私は起こってもいない先のことを心配しすぎていたんだと思いました。

 

「石橋をたたいて渡る」という言葉がありますが、石橋をたたきすぎて自分で橋を壊してしまうということのないようにしましょう。

 

国際結婚をするにあたり覚悟とか決め手とかいろんなことがありますが、大切なのは

将来何が起こるかわからないけど、この人とならその困難も乗り越えられると思うし、なによりこの人と一緒に自分も成長していきたい

と思えることだと思います。

 

あおい
あおい

あまり考えすぎて、自分の大切なものを見失わないように!

 

国際結婚となるとなかなか簡単には決心できないと思いますが、この記事を読んでくださったあなたの不安や悩みが少しでも軽くなっていたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

国際恋愛
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました