フランス人と日本での結婚手続き③婚姻届の書き方

日仏国際結婚手続き③婚姻届けの書き方国際恋愛
スポンサーリンク

 

フランス人と日本での婚姻手続き編、今回は婚姻届の書き方を解説します。

・相手が外国の人だと書き方はどう変わるの?
・サインはアルファベット?それともカタカナ?
・記入の際に注意することがあれば知りたい

そんな悩みを解決できる内容になっています。

 

あおい
あおい

ぜひ最後まで読んで、大切な婚姻届の記入の際に役立ててください

 

【あわせて読みたい】

日仏国際結婚の手続き方法を確認する
【国際結婚】フランス人と日本で入籍する手続き方法のまとめ【体験談】

 

スポンサーリンク

【国際結婚】婚姻届の記入方法

【国際結婚】婚姻届けの記入方法

 

氏名

 

外国の人の名前はカタカナで書き、よみがなを日本語で書きます。

ミドルネームがある場合は、名前の欄にファーストネームと一緒に記入します。

【例】

苗字ファーストネーム ミドルネーム

 

※私たちが婚姻届を提出した市役所では、ファーストネームとミドルネームの間にカンマ(,)は必要ありませんでした。

 

生年月日

 

外国の人の生年月日は西暦で記入します。

日本人のものは和暦(平成など)で記入します。

 

住所

 

外国人のパートナーが日本に住んでいない場合は、フランスの住所を記入します。

注意すべきなのは、住所はアルファベットではなくカタカナで書くことです。
「カタカナでどうやって書こう?」という部分も出てくるかと思いますが、なんとなく音を当てはめてでも記入しましょう。

 

本籍

 

相手の国籍の記入だけで大丈夫です。フランス人であれば「フランス」とだけ書きます。

 

父母の氏名

 

相手の両親の名前はカタカナで記入します。

【例】
苗字,ファーストネーム ミドルネーム

 

日本人の両親の苗字が同じ場合は、父の方にフルネームを記入すれば母の欄は名前の記入だけで大丈夫です。

 

婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍

 

婚姻後の苗字を夫の氏・妻の氏か選べる欄にチェックは付けないでください。

日本人同士の婚姻であれば自動的に夫の氏になりますが、国際結婚の場合、婚姻後に外国人パートナーの苗字を名乗りたい場合は「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出する必要があります。

この苗字変更の手続きは入籍から半年以内に行わないと家庭裁判所での手続きが必要になってしまうので、もし結婚してから外国人パートナーの苗字を名乗りたい場合はこの手続きを忘れないようにしましょう。

特になにも手続きをしない場合は夫婦別姓になります。

 

本籍は、日本人である自分の住所を記入します。

外国人と結婚をすると、日本人であるあなたが戸籍の筆頭者になります。

 

同居を始めたとき

 

同居を始めた日または結婚式をすでに挙げている場合は、どちらか早い方の日付を書きます。

私たちは、フランスで1年間一緒に住んでいましたが空欄にしておいたけど特に何もありませんでした。

 

初婚・再婚の別

 

お互い、初婚または再婚のどちらか当てはまる方にチェックを入れます。

 

夫婦のそれぞれの職業

 

こちらも、婚姻届に記載されているものから当てはまるものにチェックを入れます。

 

その他

 

その他の欄は特に記入することはありません。

 

届け出人(サイン)

 

ふたりのサインをする欄になります。

私たちが婚姻届を提出した市役所では、外国人のサインはブロック体で書くように言われました。
もし筆記体で書いた場合は、空いてるスペースにブロック体でサインもするようにとのことでした。

このサインは、ミドルネームも含めたフルネームのものになります。
名前の順番は、「ファーストネーム ミドルネーム 苗字」の順で、特にカンマなどは書かなくて大丈夫でした。

 

あおい
あおい

外国人パートナーの署名欄には印鑑も不要です

 

証人

 

日本人側の両親や友人のサインで大丈夫です。

両親にお願いする場合は、自分のものと両親の印鑑がそれぞれ異なるように気を付けましょう。
(例:田中という苗字だった場合、3つの「田中」印鑑を使用する)

 

市役所に婚姻届を提出する

市役所に婚姻届を提出する

 

必要書類

 

婚姻届の記入が済んだら、必要書類を持って市役所に提出しに行きます。

実際に私たちが提出した書類は以下の通りです。

 

①婚姻届
②婚姻要件具備証明書
③婚姻要件具備証明書の日本語訳
④パスポートのコピー(フランス人のもの)
⑤パスポートの日本語訳
⑥出生証明書のコピー
⑦出生証明書の日本語訳

 

婚姻届と一緒に提出する書類は各自治体により異なります。
事前に必ず自身の自治体に確認するようにしてください。

 

必要書類の具体的な解説、婚姻届を提出する際の注意点などは ≫フランス人と日本での結婚手続き②市役所に婚姻届を提出 で詳しく説明しています。

 

国際結婚での婚姻届の書き方 まとめ

国際結婚 婚姻届の書き方まとめ

 

国際結婚での婚姻届の書き方をご紹介しました。

主に注意したいポイントは2つあります。

①外国人の名前の書き方:ファーストネームやミドルネームの順番、カンマは必要かetc

②婚姻後の夫婦の氏の欄にはチェックを入れない:国際結婚の場合、婚姻をしても自動的に旦那さんの苗字にはなりません。苗字を変えたい場合は別紙で申請が必要。

 

繰り返しになりますが、婚姻届の提出に必要な書類や記入方法は各自治体によって異なります。
入籍を確実にできるようにするためにも事前に自治体に確認することを忘れないようにしましょう。

 

あおい
あおい

大切な方との日本での入籍が問題なくできるよう応援しています!

 

 

国際恋愛
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました