“達成するための”来年の目標の立て方【3ステップで解説】

達成するための来年の目標の立て方【3ステップ】暮らし
スポンサーリンク

 

「来年に向け目標を立てたい」
「目標を立てるのは好きだけど、いつもあまり達成出来ない…。目標を立て実際に達成するためのコツはあるのかな?」

そんな疑問に答えます。

 

この記事では、実際に目標を達成するための目標の立て方と、目標達成のコツを解説します。

・新年をより実り多いものにしたい
・自分で立てた目標を達成できる人になりたい

という人の役に立つ内容になっているので、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

目標の立て方

目標の立て方

 

ステップ1:来年の理想を明確に持つ

 

まずは来年どんなことを達成したいか、どんな風になりたいかを考えてみましょう。

もし上手く考えられないという方、何から考えていいかわからないという方がいたら、分野ごとに目標を立ててみるといいですよ。
健康、仕事、人間関係など、人生のいろんな分野ごとの「こうなりたい」や「こうしたい」を考えてみると、いきなり来年の目標を立てるよりハードルが低くなります。

まずは来年1年間で達成したいことを明確にすることが、目標を立て実際に達成していく為の第一歩です。

 

ステップ2:目標を小さく分解する

 

先ほどステップ1で立てた目標を自分で達成できるゴールに分解しましょう。

大きすぎる目標は達成できずにモチベーションを下げる原因になります。

 

例えば、「ブログのPV10,000/月」というのはあまりいい目標とは言えません。なぜなら、ブログに何人の人が来てくれるか、ということは自分ではコントロールが出来ないからです。

どんなにPVを増やしたいと思っても、自分でブログの訪問者数を直接的に変えることはできないですよね。

なのでこの場合は「2日に1本ブログを更新する」というような、自分が直接目標の達成に影響するようなものに変えた方がいいです。1日のPV数はコントロール出来なくても、2日に1本記事を書くというのは自分のコントロール内で達成することができますよね。

 

ここで大切になるのは、自分のコントロール内でなんとかなる範囲に目標を設定することです。

 

あおい
あおい

自分の力で達成できる目標を立てることが実際に立てた目標を達成するために大切です

 

ステップ3:目標を達成するためのタスク作り

 

目標が立てられたら、最後は実際に立てた目標を達成するために毎日継続して出来ることをタスク化しましょう。

何事もスタートが肝心です。一度始めてしまったら、加速するのは意外と速かったりします。逆に言うと、物事は始めるまでが一番大変です。始めてしまえばこちらのものなので、目標達成のためにすべきことを毎日継続できるような簡単なタスクに落とし込みましょう。

この「毎日継続できるようなタスク」とは、例えばあなたがフランス語を頑張りたい場合は「毎日30分フランス語のポッドキャストを聴く」や、何か資格を取りたい場合は「毎日見開き1ページ参考書を進める」といった感じです。

 

最初に立てた目標が大きなものでも、自分のコントロール内で、毎日の継続が辛くないタスクに落とし込むことで、達成までの難易度がグッと低くなります。

 

あおい
あおい

コツコツと努力をするのって大切ですよね。なのでここで、あなたが立てた目標を達成するために、毎日コツコツと続けられることを見つけタスク化しましょう。

 

目標を達成するコツ

目標を達成するコツ

 

来年の目標を立てたからには、やっぱり達成したいですよね。ここでは目標を達成するためのコツを2つご紹介します。

 

小さいことから始める

 

目標を達成するためには今すぐできる、小さなことから始めることが大切です。

なぜなら人はなにか目標に対し一度でも先延ばしをしてしまうと、それがクセになってしまい自分への信頼を失うことに繋がるからです。
自分で自分のことを「どうせ出来ない」と思ってしまうと、せっかく立てた目標を達成することができません。

 

「ダイエットは明日から」と思っても、いざ翌日になると気分が乗らず「うーん、やっぱり明日からにしよう…」と先延ばしにしてしまった経験がある方もいるのでは?

実はこれ、クセになると自分で自身を信じてあげることが出来なくなり、知らないうちに自分自身を目標達成から遠ざけてしまうのです。

 

なので、どんなに小さくても今すぐできて継続できることを目標達成のためのタスクに設定することが、目標を立てて実際に達成するためには重要なのです。

 

立てた目標は定期的に見直す

 

目標は立てただけでは達成できません。なに当たり前のこと言ってるんだって感じかもしれませんが…

自分で立てた目標を定期的に振り返り、見直すことが不可欠です。

 

ひとつお伝えしたいことは、目標は最初に立てたものがすべてではないということです。来年に向けて自分で立てた目標でも、達成することが現実的に難しいと感じたら早めに再設定をしてあげることが必要です。

1ヶ月ごとに目標を立てて毎月振り返る、90日ごとに振り返る、半年ごとに振り返る、などペースは人それぞれだと思いますが、自分で立てた目標を振り返る機会というものを持ちましょう。

 

【まとめ】目標を立て達成するための3ステップ

 

今回の内容をまとめます。

 

【達成するための目標の立て方】

①来年の目標を明確に持つ
②目標を自分が達成できるレベルに分解する
③目標達成のためにすべきことを毎日のタスクに

 

1番大切なのは、ステップ2「目標は自分のコントロール内で達成できるものにする」ことです。ここで目標設定を誤ってしまうといつまでも目標が達成できない自分になってしまい、モチベーションを下げてしまいます。

小さな「出来た!」を積み上げ自己肯定感を高め、モチベーションをキープしながら日々のタスクをこなしていきましょう。定期的な軌道修正も必要です。

 

 

あおい
あおい

この記事が少しでも来年の目標を立てるときの参考になり、みなさんの来年がより充実したものになるよう応援しています♡

 

 

 

暮らし
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました