国際結婚をして苗字を変更するメリット・デメリット【体験談】

国際結婚をして苗字を変更するメリット・デメリット【体験談】国際恋愛
スポンサーリンク

 

国際結婚をするのだけど、苗字を変更しようか悩んでいる…

という方に向けて書いた記事です。

 

日本人同士の結婚とは違い、国際結婚では苗字を変更するか/しないかを選べます。

選べるからこそ、それぞれのメリットやデメリットが気になりますよね。

 

そこでこの記事では、国際結婚において

・苗字を変更するメリット、デメリット
・苗字を変更しないメリット、デメリット

をご紹介します。

 

後半では、私が苗字を変更することを選んだ理由実際どうだったかを書いているので、

国際結婚をするけど苗字をどうしようか悩んでいる…という方はぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

国際結婚では苗字を変更する/しないが選べる

国際結婚では苗字を変更する/しないが選べる

 

 

日本人同士では、結婚すると奥さんの苗字は旦那さんのものに変わるかと思います。

しかし国際結婚においては入籍しても苗字が変わることはありません。

 

基本的には夫婦別姓になるのですが、希望する場合は外国姓(カタカナ)に変更することもできます。

 

 

国際結婚をして苗字を外国姓にしたい場合は手続きが必要になります。

 

具体的には「外国人との婚姻による氏の変更届」という紙を市役所に提出する、というもの。

苗字を旦那さんと同じものに変更したい場合は、この紙を入籍から6ヶ月以内に提出する必要があります。

入籍から6ヶ月を過ぎてしまうと家庭裁判所に行って手続きをしなくてはいけなくなるので注意が必要です。

 

「外国人との婚姻による氏の変更届」は役所でもらえます。

事前に届けをもらっておくと、入籍と同時に苗字変更の手続きも出来るのでオススメです。

 

 

苗字を変えるか変えないか選べる国際結婚だからこそ、「どっちの方がいいの??」と悩んでしまうかと思います。

 

なのでここからは、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます!

 

苗字を変更するメリット・デメリット

苗字を変更するメリット・デメリット

 

 

まずは、国際結婚をして苗字を変えるメリット・デメリットからご紹介します。

 

 

メリット①夫婦で同じ苗字になれる

 

国際結婚をして苗字を変更する方にとっての一番大きな理由は、夫婦で同じ苗字を名乗れることだと思います。

 

今でこそ夫婦やパートナーのあり方は様々ですが、やっぱりまだ「夫婦は同じ苗字」というイメージが強いですよね。

 

苗字を相手のものに変更すると、客観的に見ても二人が夫婦であるということがわかりやすいことに加え、精神的な繋がりも強くなります

 

苗字が異なるからといって別姓の夫婦の絆は強くないのか、と言われるとそんなことは全くないと思います。

 

あおい
あおい

大切な人と同じ名前を名乗るのって、ちょっと緊張するけど特別な感じがして嬉しいですよね…♡

 

 

メリット②子供も同じ苗字を名乗れる

 

苗字を外国姓(カタカナ)に変えた国際結婚カップルの間に生まれた子供は、自動的に夫婦と同じ苗字を名乗ることになります。

そうすると家族みんなが同じ苗字になるので、誰から見ても家族であるということがわかりますよね。

 

反対に、夫婦別姓の国際結婚カップルの間に生まれた子供は日本人の苗字を名乗ることになります。

 

「家族なのにバラバラの苗字であることに違和感があるな…」

という方は、国際結婚をする際に苗字の変更を考えた方がいいかと思います。

 

デメリット①諸手続きが面倒

 

苗字を変更した場合のデメリットのひとつめは、

国際結婚をして苗字を外国姓(カタカナ)に変更した場合、いろいろと手続きが必要になります。

 

【必要な手続きの例】

・銀行口座の名義変更
・パスポートの名義変更
・クレジットカードの名義変更

 

中にはオンラインで完結するものもあるかもしれませんが、実際にいろんなところへ足を運び、それぞれに必要な書類を集めるのは面倒かもしれません。

 

デメリット②一回で聞き取ってもらえない

 

デメリットのふたつめは、国際結婚をして苗字を変更した時に起こりえるのが、苗字を一度で聞き取ってもらえないこと。

電話や窓口などで苗字を言っても、聞き返されたりすることも多いです。

 

最近は苗字を言うときは最初に「カタカナで、〇〇です」と言うようにしています

 

いちいち説明するのが面倒だったり、聞き返されるのが苦痛になるという人は苗字の変更をすると負担が増えてしまうかもしれません。

 

苗字を変更しないメリット・デメリット

苗字を変更しないメリット・デメリット

 

 

続いて、国際結婚をして苗字を変更しないことを選んだ場合のメリット・デメリットです。

 

 

メリット①手続きが不要

 

国際結婚の場合、入籍しても原則的に苗字の変更はありません。

つまり、苗字を変えたくない場合は入籍以外は何も手続きがいらないんです。

 

あおい
あおい

国際結婚では入籍をするためにも多くの準備や書類が必要になるので、もうこれ以上手続きはしたくない…という方には嬉しいですよね

 

メリット②離婚後も苗字が変わらない

 

国際結婚をして苗字を変更しないメリットのふたつめは、結婚する前と後で苗字が変わらないことです。

 

もし万が一、相手の方とお別れをすることになっても、苗字を変更していなかった場合は特に名前における変化はありません。

 

苗字が変わらないので「離婚をした」ということが周囲にわかりづらいです。

 

気になる方は気になるポイントですよね

 

 

一方、苗字を外国姓(カタカナ)に変更した国際結婚夫婦が離婚し、苗字を日本のものに戻したい場合は少し注意が必要です。

 

離婚から3ヶ月以内であれば市役所に氏の変更届を提出すれば旧姓に戻ることが出来るのですが、その後は家庭裁判所で手続きをしなくてはいけません。

 

この記事を執筆している2020年5月時点での情報です。

 

 

苗字を変更しない一番のメリットはとにかく「手続きをしなくていい!」ということだと思います。

 

デメリット①家族で異なる苗字を名乗る

 

メリットのある一方、夫婦や家族で異なる苗字を持っていると、他の人から見て家族だと認識されづらいことがあります。

 

たとえば、何かの手続きで家族分の書類を提出したとき、苗字がバラバラだと家族として認識してもらえないこともあります。

その場合は追加で家族だと証明できるものが必要になります。

 

自分たちは家族なのに、それを証明するためには書類が必要な場合があるんですね

 

デメリット②いちいち説明する必要があるかも

 

まだまだ「夫婦は同じ苗字を名乗るもの」という考えが強く残っているので、もし国際結婚をして夫婦別姓をとった場合、人から「どうして別姓にしたの?」などいろいろ聞かれたりすることが増えるかもしれません。

 

もしかしたら、勝手に変に解釈されてしまうこともあるでしょう

 

自分たちで考えて決めた答えなら他の人になにか言われても大丈夫!と思えればいいのですが、そうでない場合は辛いこともあるかもしれません。

 

国際結婚をして夫婦別姓にする場合は、他の人から質問されたときに答えられることが求められそうです。

 

私が苗字を変更した理由

私が国際結婚をして苗字を変更した理由

 

苗字を変更するかどうかは人それぞれに考えがあり、どれが正しいということはありません。

 

ここでは少しだけ自分の話をしようと思います

 

私はフランス人の旦那と結婚し、苗字を外国姓(カタカナ)に変えることを選びました。

 

苗字を変更した一番の理由は「旦那と同じ苗字になりたかったこと」です。

同じ苗字になることで、表面的にも内面的にも旦那と強く結ばれたような気がします。

 

また相手の苗字を名乗ることは、相手の家族の一員になることでもあります。

 

そう思うとなんだか気が引き締まる思いがしました

 

手続きもそれほど面倒じゃなかった

 

国際結婚をした夫婦が苗字を変えることのデメリットのひとつめに、手続きが面倒というものをご紹介しました。

でも実際に苗字を変更した私にとって、苗字の変更にともなう各種手続きってそんなに面倒じゃなかったんです。

 

【私が名義変更の手続きをしたもの】

・銀行口座2つ
・カード類3つ
・パスポート

 

たしかに、変更するもの(口座やカード名義)によって苗字変更に必要な書類が異なるのは不便だったかもしれません。

でもすべて必要な手続きだったし、名前が変わるってそういうことだと思ってやっていました。

 

あおい
あおい

新しい名前になったカードやパスポートを手にしたときの嬉しさも特別なものです

 

苗字を聞き取ってもらえないことも多い

 

確かに、今のところ苗字を一度で正しく聞き取ってもらえたことはないです。

「カタカナで・・・」と付け加えたり、何回か繰り返し言うことがあります。

 

でもそれって仕方ないことだと思うんですよね。

 

理由は2つあって、

・まだ外国姓が日本にあまりいないから
・初めて聞く固有名詞ってそういうもの

 

まだまだ日本で外国姓の普及というか、あまり触れる機会がないからなのかなーと思います。

有名人と同じ苗字とかだったら聞き取ってもらえるのかもしれない…なんて考えたり。

 

あとは、日本語でも共通して言えますが、初めて聞く固有名詞ってなかなか一度で聞き取れなかったりするものです。

電話口で企業名や新しいサービスの名前なんかを聞いても正しく聞き取れないことって多いんですよね。

 

私は仕事で何回も経験しました…

 

 

だから、国際結婚をして苗字を変更する際のデメリットになりうる「一度で聞き取ってもらえないことがある」って、時間の経過とともに解決するもしくは仕方のないことだと思っています。

 

私の場合、上記のようなデメリットよりも旦那と同じ苗字になることで得られる表面的・内面的繋がりの方が強いと感じたので苗字を変更するにいたりました。

 

あおい
あおい

入籍してまだ半年ですが(笑)、苗字を変更してよかったと思っています

 

国際結婚における苗字の変更はよく考えて選択しましょう

国際結婚における苗字の変更はよく考えて選択しましょう

 

 

国際結婚をして苗字を変更した/しなかった場合のメリットとデメリットをご紹介してみました。

 

もう一度内容をおさらいします ▼

 

【苗字を変更するメリット・デメリット】

メリット①夫婦で同じ苗字になれる
メリット②子供も同じ苗字を名乗れる
デメリット①諸手続きが面倒
デメリット②一回で聞き取ってもらえない

【苗字を変更しないメリット・デメリット】

メリット①手続きが不要
メリット②離婚後も苗字が変わらない
デメリット①家族で異なる苗字を名乗る
デメリット②いちいち説明する必要があるかも

 

 

名前って一生使う大切なものなので慎重に決断したいですよね。

 

自分の中で何を選択の基準にするのかはもちろん、相手の方とも話し合って納得のいく決断ができるよう応援しています。

 

あおい
あおい

この記事と私の経験が少しでもそのお役に立てれば幸いです

 

 

国際恋愛
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました