【国際結婚】フランス人と日本で入籍する手続き方法のまとめ【体験談】

フランス人と日本で入籍する方法まとめ国際恋愛
スポンサーリンク

 

国際結婚と聞くと複雑な手続きや多くの書類を想像し、なんとなく大変そう…と気が滅入ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

あおい
あおい

でも大丈夫です!

この記事を書いている私は、彼と一緒に自力で手続きについて調べ準備を進め、無事に日本で入籍することができました!

 

【この記事でわかること】

・フランス人の相手と日本で入籍する流れ
・それぞれの手続きで必要になる書類
・すべての手続きが終わるまでの期間

 

先に日本で入籍をするかフランスでするかを選べたのですが、私達は日本で入籍することを選びました。

 

あおい
あおい

これからフランス人の彼と日本で入籍をしたいと思っている方の参考になれば嬉しいです!

 

スポンサーリンク

フランス人と日本で入籍する流れ

 

 

あおい
あおい

フランス人の旦那と私が実際に日本で入籍をするまでの流れを解説します

 

【フランス人と日本で入籍する方法】

①婚姻要件具備証明書を取得する
②日本の市役所で婚姻届を提出
③日本での婚姻をフランスに報告

 

大きく分けるとこの3ステップです。

国際結婚の手続きって複雑で大変そう…と思うかもしれませんが、一通り終えた私の感想としては「しっかり調べて事前に準備しておけばそんなに大変じゃない」というものです。

 

なのでぜひこの記事を読んで入籍までの流れや必要書類について参考にしていただければと思います。

 

必要な手続き方法や書類は変更になる可能性があります。
必ずご自身でもフランス大使館のホームページで最新の情報を確認するようお願いします。

 

①婚姻要件具備証明書を取得する

 

フランス人と日本で入籍をするとき、一番最初に必要になるのが「婚姻要件具備証明書」です。

 

あおい
あおい

いきなり漢字だらけで心が折れそうになりますが…(苦笑)

 

これは、相手のフランス人に結婚する資格がありますよということを証明するためのものです。
日本にあるフランス大使館に必要書類を送り作成してもらいます。

作成してもらった婚姻要件具備証明書は、このあと市役所で婚姻届と一緒に提出します。

 

婚姻要件具備証明書の取得に必要な書類は以下のとおりです。

 

【婚姻要件具備証明書の必要書類】

・フランス人が用意するもの

①出生証明書(発行から3ヶ月以内)
②各人用質問票
③共通質問票
④身分証のコピー
⑤パスポートのコピー

・日本人が用意するもの

①戸籍謄本(発行から3ヶ月以内)
②共通質問票

 

以上の書類を在日フランス大使館に提出します。

 

婚姻要件具備証明書の発行にかかる時間は、フランス人が住んでいる場所によって変わります。

日本に住んでる場合 → 4週間ほど
日本に住んでいない場合 → 最低1ヶ月半ほど

希望の入籍日がある場合は、その日から逆算して手続きの準備を始めることをオススメします。

 

詳しくはこちら ≫フランス人と日本での結婚手続き①婚姻要件具備証明書を取得する

 

 

②日本の市役所で婚姻届を提出

 

 

フランス大使館から婚姻要件具備証明書を受け取ったら、いよいよ婚姻届を提出するための準備をします。

 

【日本の市役所に提出する書類】

①婚姻届
②婚姻要件具備証明書
③婚姻要件具備証明書の日本語訳
(用紙はフランス大使館からもらえます)
④フランス人のパスポートコピー
⑤④の日本語訳(用紙は市役所にあり)
⑥出生証明書のコピー
⑦出生証明書の日本語訳(形式自由)

 

あおい
あおい

サインをした婚姻届を提出するだけの日本人同士の手続きと比べるとすごい書類の数ですよね(笑)

 

婚姻要件具備証明書、フランス人のパスポート、出生証明書には日本語訳が必要ですが、翻訳家にお願いする必要はなく自分が翻訳したもので大丈夫です。

 

婚姻届と一緒に提出する書類は市役所によって異なります。
事前に自分が提出する予定の市役所に確認してみてくださいね。

 

詳しくはこちら ≫フランス人と日本での結婚手続き②市役所に婚姻届を提出

 

 

婚姻届の書き方については「フランス人と日本での結婚手続き③婚姻届の書き方」で項目ごとに解説しています。

 

③日本での婚姻をフランスに報告

 

国際結婚における入籍手続きは、どちらか一方の国だけでは完結しません。

日本で入籍が認められたら、そのあとはフランスに婚姻を報告する必要があります。

 

【婚姻をフランスに報告するための必要書類】

①婚姻届記載事項証明書(アポスティーユと翻訳付き)
②婚姻をフランス戸籍に転写するための申請書
③レターパック(フランス大使館からの返信用)

 

市役所に婚姻届を提出したら、同じ日に「婚姻届記載事項証明書」の発行もお願いしておきましょう。
日本での婚姻をフランス日報告する手続きで必要になります。

 

無事に必要書類をフランス大使館に送付し婚姻がフランスでも認められると、

・家族手帳
・婚姻証書謄本

の2つが送られてきます。

 

あおい
あおい

この2つが次にフランスへ行くための配偶者ビザ申請の手続きで必要になります

 

詳しくはこちら ≫フランス人と日本での結婚手続き④婚姻をフランスに報告

 

 

フランス人と日本で入籍するのにかかる期間

 

実際に私たちが結婚の手続きを始めたのは7月のはじめ。

私の戸籍謄本にアポスティーユを付けるところから始まりました。

 

7月はじめに婚姻要件具備証明書の申請準備をはじめ、日本での入籍、フランスへの報告手続きをすべて終え家族手帳が届いたのが1月25日。

結果として合計6ヵ月ほどかかりました。

 

ただ、フランス大使館から婚姻要件具備証明書が出来たと連絡があってから旦那が来日し受け取りに行くまで1ヶ月ほど空いているので、最短なら5ヵ月ということになります。

 

あおい
あおい

私達は特に希望の入籍日がなかったので良かったけど、もし特別に希望がある方はそこから逆算して計画を進めなきゃいけないので大変ですね…

 

フランス人と日本で入籍する手続きのまとめ

 

以上が、フランス人と日本で入籍をする際の手続きの流れになります。

 

【フランス人と日本で入籍する流れ】

①婚姻要件具備証明書を取得する
②日本の市役所で婚姻届を提出
③日本での婚姻をフランスに報告

 

この手続きをすべて終えると、家族手帳と婚姻証書謄本が届きます。

もしそのあとフランスに移住する予定があれば、配偶者ビザの申請をすることができます。

 

 

繰り返しになりますが、ここで紹介したのは「私が申請を行ったときの手順・必要書類」です。
これらは予告なく変更になる可能性があるので、在日フランス大使館のホームページもあわせて確認してください。

 

 

国際恋愛
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました