「海外でも上手くやっていける人」に共通する5つの特徴

海外生活
スポンサーリンク

こんにちは、あおいです!

私がワーホリでフランスに来てもう結構時間が経ち、これまで現地でいろんな日本の人に出会いました。

今回はその中でも

フランスでの生活、楽しんでるなぁ
海外でも上手くいってる
個人的にすごいなぁと思っている人

という人たちの特徴をまとめてみました!

すごい人たちに共通する点はなにかを理解し、自分も少しでも海外で上手くやっていきたい!と思っている人たちの参考になれば嬉しいです。^^

 

スポンサーリンク

1. 明るくフレンドリー

ひとつめの特徴は、明るくフレンドリーであることです。

このタイプの人は学校でも友達を作って積極的に話すことができ、現地での人脈を広げるのが上手です。仲良くなった人とは互いに情報交換などをしあうことができます。

また、現地で友達が出来るってそれだけで心強いですよね。

 

2. 芯がある

海外で上手くやっている人は、自分の目標や夢がある人が多いなと思います。

自分の芯になる目標や夢がある人は、海外の厳しい状況の下でもブレずに「自分が今何をすべきか」ということを考えられます。そのため、海外で困難に直面しても芯に沿ったブレない判断が出来るのです。

自分の軸となるものがないと、困難に直面した時に

「自分はなぜ海外にいるのか」
「海外にいる必要はあるのか」

というように落ち込んでしまう原因になります。

 

3. フットワークが軽い

フットワークの軽い人は、現地で様々な経験をすることができます。

海外に住んでいると、経験はすべて貴重な財産になります。

イベントや場所など、とにかく自分の気になったものには直接足を運んでみる。そうすると単純に海外を満喫できるだけでなく、新しい発見に出会える可能性もあります。

新しい経験や出会いが海外生活をより良いものにしてくれることもあるので、ぜひ積極的にいろんな場所へ足を運んでみましょう ^^

 

4. 情報収集力がある

はじめは知り合いも少ない海外生活では、自分でどれだけ情報を集めることができるか、ということも大切になります。

私の知り合いは、自分が住んでいる地域のページをフェイスブックで見つけ、そこからイベントを見つけたりしています。

現地でのイベント以外にも仕事のオファーなども載っていることがあるので、海外に住んでいる方は一度フェイスブックなどで自分の住んでいる地域のページがないか探してみるといいでしょう。

情報を持っている人は、周りの人からも頼りにされます。周りの人と助け助けられを繰り返していると、現地の人との絆も深まります。

人とのつながりも現地での生活において大切な財産になるので、ぜひその地域の情報屋さんとなり、周りの人の役に立つことを心掛けてみてください。^^

 

5. 常に先のことを考えている

海外生活は毎日が奇想天外の連続です。日本では当たり前だったことが海外では通用しないなんてことはよくあります。

そんなとき、あらかじめ困難や失敗に備えて考えている人はそんな海外生活でも上手くやっていくことができます。トラブルに対する引き出しの多い人は、何かあったときもパニックになることがありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
以上が、私がフランスで生活していて気付いた海外で上手くやっていける人の特徴になります。

個人的に、2つめの芯があること、4つめの情報収集力があることは強いなぁと思います。

私の尊敬する人たちも、それぞれ明確な目標やゴールを持ち、それに向けフランスで日々頑張っています。必要な情報は自分で集め、他の人にも役に立つものがあればシェアする。

こんな人たちに出会えて私は本当に恵まれているなぁと感じます。

 

私も、まだまだフランス生活に順応中で日々試行錯誤しているので、この経験を通して誰かの参考になることをシェアしていけるように頑張ります!^^

 

海外でも上手くやっていける人の特徴

1. 明るくフレンドリー
2. 芯がある
3. フットワークが軽い
4. 情報収集力がある
5. 常に先のことを考えている

 

海外生活
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました