【フランスワーホリ】私が出発前までに200万円貯金した方法

ワーホリ出発前に200万円貯金した方法ワーホリ
スポンサーリンク

 

ワーホリとは切っても切れないのがお金の話。

 

・ワーホリ出発前はいくらくらい貯金すればいいの?

・100~200万円が目安って聞くけど、貯金方法を知りたい

と気になることがたくさんありますよね。

 

そこで今回は、私がフランスへワーホリ出発前に200万円を貯金した方法をご紹介します。

記事の後半では、200万円貯金するのにかかった期間や、毎月いくら貯金してたかといった個人的だけどより具体的な話もしているのでぜひ最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

フランスへのワーホリ準備完全ガイドはこちら
【フランスワーホリ】ビザ申請完全ガイド【必要書類や申請方法まとめ】

 

スポンサーリンク

ワーホリ出発前に200万円貯金した方法

 

ワーホリの予算を決める

 

貯金をするとき一番大切になるのが、目標貯金額を決めることです。

この目標なしでは貯金ができません。

 

あおい
あおい

目標のない貯金は、ゴールのないマラソンと同じです。ゴールがなければ走ってても辛いだけだし、そもそもゴールがなければ走る理由もないですよね

 

そして、目標金額を決めるためまずは「ワーホリにいくら必要なのか」という予算を決めましょう。

この目標金額は、ワーホリで住む地域と現地での生活費、学校に行く/行かない、飛行機のチケットなど、多くの条件により異なるので、まずは自分がワーホリをしたいと思っている国での情報を調べましょう。

 

【合わせて読みたい】

私がワーホリでフランスに行くまでにかかったお金のこと
フランスワーホリビザ申請にかかった費用と安く抑えるためのコツ

フランスでの1ヶ月の生活費についてはこちら
ワーホリフランスでの一か月の生活費はいくら?詳しく紹介します

 

貯金計画をしっかりと立てる

 

ワーホリ出発までの目標貯金額(ゴール)が決まったら、次は目標を達成するための計画を立てましょう。

このとき、貯金計画はできるだけ具体的な数値を使うようにしましょう。

例えば、

・毎月〇万円ずつ貯金する
・〇月までに〇万円貯金する

といった感じです。

 

おススメなのは「ワーホリへ出発する〇月までに〇万円貯める」という目標を立て、出発の日から逆算して毎月いくらずつ貯金すればいいのかを具体的にしておくこと。

 

【例】現在は1月。翌年1月にワーホリに出発予定。

目標貯金額(ゴール):100万円

目標を達成するための計画:12ヶ月で100万円用意しなければいけないので、1ヶ月当たりの貯金は約8万円。毎月の収入は15万円なので大体5割くらい貯金すればオッケー!

 

具体的な数字を使って計画を立てることで、目標までにすべきことがより明確になります。

 

極力ムダな出費を減らす

 

あおい
あおい

ワーホリ出発前の具体的な貯金目標と計画が立てられたら、あとは実際に節約をしていくだけ、です!!

 

そのためには、

・コンビニでの小さな出費をなくす(「ちりも積もれば~」です)

・服を買いすぎない(流行ばかり追いすぎてもダメですよ)

・歩いて行けるとこまではなるべく歩く(節約+運動にもなる)

・不要になったものは捨てる<売る(お財布にも環境にも◎)

というような小さな努力の積み重ねが大切です。

 

実家暮らしをする

 

暮らしているだけで発生してしまう家賃や食費などの生活費を節約するために、実家に住ませてもらうのもワーホリ前に貯金をする方法のひとつです。

仮に毎月の生活費が8万円だった場合、1年間実家に住んだら96万円もの節約になります(!!)。

 

実家でお世話になる場合は、事前にワーホリに行くことを話しきちんと協力を得ておきましょう。

 

家計簿で支出を管理する

 

家計簿に収入や出費、現在の目標貯金額とのギャップなどを書くようにするだけで余分な出費が抑えられます。

信じられないかもですが、「コンビニでの出費が意外と大きかったなぁ」とか「家計簿を書くまで毎月いくら使ってるかも知らなかった」とか、そういう小さなことに気付くだけで出費を減らすことが出来るのです。

 

 

あおい
あおい

家計簿を書くことは、先ほど決めた貯金の目標や計画を“目に見える化”するのにもピッタリですよ

 

実際私もワーホリ出発まで「お金ノート」なるものを書いていました(家計簿と呼べるほど立派なものじゃなかったので)。

毎月の出費額を把握するだけでなく、収入を把握し、そこからどれだけ使えて、どれだけ貯金しなければいけないのかというのが家計簿を書くたび確認できたのでモチベーションのキープにも効果的でした。

 

毎月の決めた貯金額には触らない

 

貯金計画で「毎月3万円貯める」という計画を立てた場合、その3万円には絶対触らないようにしましょう。

極端に言い換えると、「この3万円は使えないけど、残りは貯めても使っても好きにしていい」ということです。

 

「毎月の決めた貯金額には触らない」というルールを作ることで、絶対にお金が溜まっていく状態を作ることができます。これなら確実に貯金できますよね。

 

私の場合、毎月お給料が入ったら家計簿に「お給料の中から絶対に貯金する金額」を書き、その残りの金額を「今月使える分」としておきました。

ちなみに目安としては使えるお金:貯金するお金 = 6:4くらい。その時によって変わります。

 

無理しすぎないのも大切

 

貯金をするために買い物はしない。友人からの誘いも断る。というようにあまりにも厳しい生活を続けるのはオススメできません。

キツすぎる目標設定をしてしまうと、貯金をすることが難しく、貯金をすることそのものへのやる気を失うことに繋がるからです。

 

貯金をしているからと言ってお金を使うことは悪いことではありません。ご褒美がもあっていいんです。

 

 

あおい
あおい

ちなみに私はワーホリ出発前の貯金をしている間に、パソコンとカメラ(ミラーレス)を買いましたよ♡

 

・大切な人達と過ごす時間

・ワーホリへのモチベーションを上げるもの

のためなら全然出費があってもいいと私は思います。あまり度が過ぎるのもNGですが。

 

大切なのは、貯金をしようと無理をしすぎて貯金自体を諦めるような事態は防ぐこと。

自分に合った目標設定と計画がカギになります。

 

【大切】目標設定と具体的な計画は本当に本当に大切なので、よく考えて適度に見直すこと!

 

具体例:私がワーホリ前に200万円貯金したときの話

 

ここでは私がワーホリへ出発前するに200万円貯金するまでの期間、毎月いくら貯金してたかなど、少し個人的な話をします。

「こんな例もあるんだ~」程度に思ってもらえると嬉しいです。

 

かかった期間

 

私が200万円貯めるまでにかかった期間は1年半くらいです。

ワーホリ出発の2カ月前に目標貯金額である200万円を達成できました。

 

毎月どれくらいずつ貯金してたか

 

月によってバラつきはありますが、毎月1万~8万円くらいの間を貯金するようにしていました。

 

あおい
あおい

自分に無理のない範囲で貯金をするため、貯金する金額が1万円だけなんて月があっても全然オッケーです!

 

貯金する金額の決め方は、

毎月のお給料既にわかってる出費(カードの引き落としや人に会う予定など)

残りの3~6割を貯金

上記の計算式を毎月のお給料日に使っていました。

 

貯金成功の秘訣

 

目標貯金額を達成するために何が良かったかを振り返ってみると、

・ボーナスはほとんど使わなかった

・大きな出費は旅行や人に会うため

の2つがワーホリ出発までに上手く貯金できた理由かなぁと思います。

 

ボーナスはほとんど使わなかった

もともと物欲があまりないからか(笑)、ボーナスが入ってもあまり使うことがありませんでした。

もしこれでボーナスの度に自分へのご褒美としてなにか高い買い物をしてたら、ワーホリ前に200万円貯金するという目標の達成はできなかったと思います。

 

大きな出費は旅行や人に会うため

貯金中でも10万円など大きな出費が出ることもありましたが、それは飛行機代やホテル代などの旅行にかかるものであることが多かったです。

何が言いたいかというと、

単純に「モノが欲しくて大きな出費を出した」のではなく、

ワーホリ出発前の思い出作り、友人と時間を過ごすための出費だった、という違いが貯金中の大きな出費の合格ラインになっていました。

 

 

あおい
あおい

ワーホリに行ったら1年は家族や友人と離れることになりますよね。それまでに会いたい人に会っていこう。その為の出費ならOK!という感じです

 

まとめ:ワーホリ出発前に貯金する方法

 

この記事の内容をまとめます。

 

【ワーホリ出発前に貯金する方法】

①ワーホリの予算を決める

②貯金計画をしっかりと立てる

③極力ムダな出費を減らす

④実家暮らしをする

⑤家計簿で支出を管理する

⑥毎月の決めた貯金額には触らない

⑦無理しすぎないのも大切

 

私はこの方法を使って1年半ほどでワーホリ出発前に200万円を貯金することが出来ました。
目標貯金額の設定とそれを達成するまでの計画をしっかり立てれば、ワーホリへ行く前に貯金をしていくことは決して難しいことではありません。

 

あおい
あおい

ぜひこの貯金方法を参考にワーホリ出発前の貯金計画を立ててみてください

 

 

 

ワーホリ
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました