フランスでワーホリ!一か月の生活費はいくら必要?

ワーホリ
スポンサーリンク

こんにちは、あおいです!

フランスへワーホリに行くことを決めたけど、現地での生活費ってどれくらいかかるんだろう
いくらくらい貯金をしておけばフランスに行っても困らないか知りたい

お金のことって誰でも気になるし、でもなかなか人に聞きづらいですよね。

今回は、現在ワーホリでフランスに住んでいる私の一か月の生活費を内訳とともにご紹介します!
ワーホリに来る前に貯金した金額やそれを達成するためのコツも書いてますのでぜひ参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

フランスワーホリでの一か月の生活費

フランスで一か月生活するために必要な費用は、現地で語学学校に通う場合
ズバリ2,000ユーロ(25万円)くらいです (1ユーロを125円とした場合)。

この金額は住む都市や通う学校によって若干のばらつきがあるとは思いますが、だいたい同じくらいではないかなぁと思います。

それでは具体的な一か月の生活費の内訳を見ていきましょう!

フランスでの生活費(固定分)

家賃やインターネット料金など、毎月同じ金額を支払っているものです。

この固定分の生活費の合計が721.97ユーロ。9万円ちょっとになります。

それでは実際にひとつずつ詳しく見ていきたいと思います。

家賃
私が現在借りているアパートの家賃は一か月600ユーロです。
お風呂とトイレが別で(個人的に譲れないポイントでした笑)、それ以外にダイニングキッチンと寝室の二部屋があります。家具付き。

広さは35㎡だったかな?二人で生活するには全く問題ありません。

ガス
一か月30ユーロ。使った分だけ支払う日本のやり方とは異なり、フランスでは毎月一定の料金を支払います。そして年度末に使用量と料金を計算し、そこで精算するという仕組みになっています。

電気
一か月30ユーロ。ガスと同じく年度ごとの精算式です。

保険
一か月16.97ユーロ。
何か盗まれた、火事になった、というようなときの為の保険です。

インターネット・テレビ
一か月25ユーロ。
これも日本と違うところだと思いますが、フランスはインターネット会社と契約してテレビが見られるようになります。お家で使うWiFiと一緒にテレビを契約するイメージ。

うちはOrange(フランスのインターネット会社)のテレビとWiFiを使っています。

携帯
一か月19.99ユーロ。フランスで携帯を使うなら、断然 “free”をおすすめします!
一か月の料金が約20ユーロで、フランス国内での通話はもちろん、日本へも固定電話であれば通話料が無料なんです!

インターネットも月100GBまで使い放題。
「通信制限にかかっちゃったー」という悩みからも解放されます。

フランスでの生活費(変動分)

食費や病院に行ったときの診察代など、月によって動きのある出費になります。

こちらは一か月1,290ユーロ(16万円ちょっと)くらいです。
変動のある出費なので、抑えようと思えば抑えられるのがこの出費になります。

食費
私は彼と二人暮らしをしていますが、一か月の食費を平均すると370ユーロくらいです。

フランスは外食が高いことで有名なので、ほとんど毎日自炊をしています。スーパーやマルシェでは野菜の量り売りが普通で、必要な分だけを買うことができるのでムダのない買い物ができます。

外食費
それでも特別な日や友達と外食をする日もあります。

月によって外食をしないときもあったり、行く場所によって値段も変わるので一概には言えませんが、
外食費は一か月150ユーロくらいだと思います。多くて200ユーロ。

生活費の節約をするならここかな~と思いますが、せっかくフランスに住むのであれば現地のカフェやレストランも楽しみたいですよね。難しい・・・。

日用品
こちらは一か月20ユーロくらいです。
トイレットペーパーや洗剤、シャンプーなどをこちらにカウントしています。毎月小さいものがポツポツという感じです。

学費
これは学校によって大きく違うかもしれませんが、私の行っていた学校は一か月750ユーロでした。数か月通うと割引が効くというところもあります。

学費を変動分にしているのは、人によっては学校に行かない場合もあるかもしれないと思ったからです。

ワーホリで一年間フランスに住むために必要なお金は?

 

ここまではフランスでの一か月の生活費を内訳とともに見てきました。
それでは、実際にワーホリで一年間フランスに住むことになった場合、どれくらいのお金が必要になるのでしょうか?

ワーホリ一年間のうち3か月は語学学校に行く場合、
17,400ユーロ(200万円ちょっと)くらいは必要だと思います。

住む場所や学校、食費などにより差が出ることもありますが、とりあえず200万円という貯金があれば一年間フランスで生活することができるでしょう。

現地で仕事を見つけることができれば、旅行を楽しんだり、フランスにいながら貯金をすることもできます。

私も実際、フランスに来る前は200万円貯金を目標にしていました。

現在は、現地で仕事を見つけるのに苦戦していますが、それでもフランス国内だけでなく海外旅行に行ったり、友達とカフェに行ったり特に不自由なく生活できています。^^

 

ワーホリビザ申請の記事でも書きましたが、とにかく準備をしっかりとすることが一番大切です。これはビザ申請だけでなくお金の準備でも同じです。

 

 

貯金目標達成までの期間を決め、そこから逆算方式で毎月の目標を立てていくと貯金もしやすくなります。

もう少し詳しく説明すると、例えば200万円を1年間で貯めるという目標を立てた場合、
毎月17万円ずつ貯金していけば期限内に目標を達成することができます。

それだと少しハードルが高いな、という場合は
毎月8万円ちょっとの貯金で2年間あれば200万円貯金するということも可能になります。

自分に合った目標とそれに基づいた計画を立てることが大切です。
貯金を崩したくないのでワーホリの一年間のための貯金をゼロからスタートする人もいれば、はじめから現地で仕事を見つけるつもりで最初の数か月間分だけ貯金をする、という人もいると思います。

改めて自分のワーホリの目的、計画を見直してみると必要な金額が見えてくるでしょう。^^

参考記事≫【フランスワーホリ】私が出発前までに200万円貯金した方法

まとめ:フランスワーホリ 一か月の生活費

ここまで読んでいただきありがとうございます!

細々と書いてしまったのでこれまでの内容を改めてまとめると、

・フランスで一か月生活するのに必要な生活費は2,000ユーロくらい
・ワーホリで一年間住む場合は200万円ほど貯金があれば大丈夫

ということです。

 

フランスのどこに住むか、どんな家に住むのか、食生活はどうするのかなどによって個人差はあると思いますが、「これからフランスで生活をしてみたい」という方の参考に少しでもなれば嬉しいです。^^

 

 

 

ワーホリ
スポンサーリンク
あおいをフォローする
きづくらし
タイトルとURLをコピーしました